個人投資家初心者・中級者が
株式投資や先物取引で成功するために

〜努力する真面目な個人投資家には相場で儲ける権利がある。〜

※日本株短期売買研究会の公式サイトはこちら→株式投資初心者、中級者が短期売買を成功させる秘訣とは?

株式投資成功のために/短期売買株式投資教材感想
(※日本株短期売買研究会では、株式投資教材をお申し込み頂いた方からの「教材に関してのご感想」を公開しています。)


将来への漠然とした不安から、現在の仕事以外で何か収入を得る道はないかとずっと考えていました。そんな折、オンライントレードミニ株といった言葉を耳にするようになり、というものに興味を持つようになりました。しかし当時の私は、に対してはファンダメンタル分析のイメージしかなく(当時はそんな言葉すら知りませんでしたが・・・)、とても自分には出来ない、敷居の高いものだと思っていました。ところが最近になって、株にはローソク足トレンドラインといったツールを使ってチャートを解析するテクニカル分析という方法があると知り、これなら自分にも出来るかもと思い、株の世界に足を踏み入れることを決心しました。
 先ずは入門書から、と思い本屋に足を運んだのですが、どれも、“必ず儲かる〜”とか、“的中率○○%”といったうたい文句ばかりで、なんとなくうさんくさい感じがして結局何も買わずに帰りました。インターネットを使って独学で勉強しようと思ったのですが、株式用語を調べるにしても、その数があまりにも多く、また、あるひとつの用語を理解するために、ほかの用語の意味を理解しなければならないといった感じで、一向に先に進めませんでした。そんな時、偶然に御社のサイトにたどり着きました。最初は何かの参考にでもなれば、と思い読み始めたのですが、読み進むにつれ次第にその内容に引き込まれ、気がついたときには基本編の購入を申し込んでいました。
 後日届けられた基本編を読んでみて、自分が探していたテキストはこれだ!と思いました。要点が簡潔にまとめられていてまったくの株初心者である自分でもほとんどストレスなく読み進めることが出来ました。また、実例が豊富に掲載されているので、テキストで学んだことをどのように利用していけばいいのかということも容易に理解できました。
 基本編を読み終えた後、早速チャートソフトを使って過去数年のチャートでシュミレーションしてみました。しかし、なかなか特徴的なチャートパターンが見当たらず、これだとちょっとトレードチャンスが少ないなぁ、実戦編を読めば何かヒントがあるかなぁと思い実戦編を購入することにしました。そして、届けられた実戦編を読んでみると、各種指標や、それらを用いたより実践的なメソッドの紹介など自分の求めていた内容で、非常に大満足でした。
 最初、株の勉強を始めようと思ったころは分からないことばかりで、自分にもやれるかなぁと不安に思っていましたが、今は、絶対に成功できるという自信が持てました。もちろん、そう簡単に上手くいくほど、相場の世界は甘くないということも充分に認識して、地道にがんばっていきたいと思います。この度はまことにありがとうございました。

埼玉県富士見市 増元さん


※当会に寄せられているお手紙やメールの現物写真や原文をまとめて掲載している株式投資教材の感想掲載サイトはこちらです。


株式投資初心者、中級者のための日本株短期売買研究会が提供する『成功するスイングトレード』は文化庁登録著作物です。
(登録 第31059号/第31060号)
<注意>
※当ホームページ及び「成功するスイングトレード基本編」「成功するスイングトレード実戦編」の著作権はファーストアドバンテージ有限会社に帰属しています。(文化庁登録済み/文化庁登録番号 第31059号の1/文化庁登録番号 第31060号の1/その他公的第三者機関による存在証明証書有り)そのため当ホームページ及び「成功するスイングトレード基本編」「成功するスイングトレード実戦編」に対しての著作権侵害を行なった者は5年以下の懲役または500万円以下の罰金に処せられ、かかる侵害行為が法人等の従業員により、当該法人等の業務に関し行なわれていた場合には、当該法人等に1億5千万円以下の罰金が科せられます。(著作権法119条)

※当ホームページ及び「成功するスイングトレード基本編」「成功するスイングトレード実戦編」に関しては行政書士横山直和事務所、及びゼネラルプロパテント知財事務所が関与しています。当ホームページ及び「成功するスイングトレード基本編」「成功するスイングトレード実戦編」に関する著作権はファーストアドバンテージ有限会社に帰属しています。当ホームページ及び「成功するスイングトレード基本編」「成功するスイングトレード実戦編」の文章や写真、ノウハウの一部転載、転用、公開、販売及び転売(オークション出品を含む)を発見した場合、著作権侵害による告訴手続き及び損害賠償等の措置を取らせて頂きます。