個人投資家が相場で成功するための日本株短期売買
〜努力する真面目な個人投資家には相場で儲ける権利がある。〜

※日本株短期売買研究会の公式サイトはこちら→株式投資初心者、中級者が短期売買を成功させる秘訣とは?

株式投資成功のために/短期売買株式投資教材感想
(※日本株短期売買研究会では、株式投資教材をお申し込み頂いた方からの「教材に関してのご感想」を公開しています。)


私はトレード経験の少ない初心者のため ご指定の「投資手法」等について公開する様なものを持ち合わせていませんので、「スイングトレード」を読ませて頂いての感想と感謝の気持ちを述べさせて下さい。

その前に まず従来私が行ってきたトレード状況を述べます。
株は企業の業績がベースにあって現状やその将来性を買うものだという考えを持っていました。定年まで化学業界に身を置いていましたので 化学関連の会社の多くについてはそれなりに知見もあり その中から有望と思われる株を購入していました。売るタイミングについては 利益が20〜30%上がったところでと思っていましたので、思い通りに行かない場合はタイミングを失して塩漬け状態にせざるを得ないことが多くありました。
今回「基本編」を読ませて頂いて そこに解説されている基礎知識は名前をちょっと知っている程度で内容は全然知りませんでした。当然それを使っての分析やトレードシナリオなど考えても見なかった状態でした。これでは投資に失敗し 90%のカモになるのは当然であったとつくづく思っています。

更に「実戦編」を読んで コンビネーションセットアップでトレードの精度を上げることの重要性もさることながら マネーマネージメントの考え方には参りました。そこまで考えが全然至っていなかったのです。これが今回「スイングトレード」を購入して得られた最大の収穫です。

この考えが理解出来ましたので 1トレードリスクを1.5%〜2%とすることもよく分かりました。利益率も時間の考えを入れなければ無意味ということも分かりました。今までの悪夢が吹っ切れたような思いがしています。ありがとうございました。

まず この「スイングトレード」を理解して とりあえずシュミレーションを通して疑似体験を積まないことには書いてあることが本当に血となり肉となって身に付くことは難しいことでしょう。
とにかく 書かれてあることは私にとっては難しいことばかりです。

毎年この1〜2月は経験的に底値の時が多いと言われており、仕入れしておいて年後半には値上がりしたものを売却して利益確定をするという絶好の機会と思っていましたので 早く勉強してと若干焦りがありましたが 「マーケットの格言集」にありますように「明日も市場はある」ということですので ここはじっくりと勉強してから行動を起こそうと考えております。半年後になるか更に先になるか分かりませんが、お教えに従って努力してみる積もりですので 今後ともよろしくお願いします。

奈良市 R.H.

※当会に寄せられているお手紙やメールの現物写真や原文をまとめて掲載している株式投資教材の感想掲載サイトはこちらです。


株式投資初心者、中級者のための日本株短期売買研究会が提供する『成功するスイングトレード』は文化庁登録著作物です。
(登録 第31059号/第31060号)
<注意>
※当ホームページ及び「成功するスイングトレード基本編」「成功するスイングトレード実戦編」の著作権はファーストアドバンテージ有限会社に帰属しています。(文化庁登録済み/文化庁登録番号 第31059号の1/文化庁登録番号 第31060号の1/その他公的第三者機関による存在証明証書有り)そのため当ホームページ及び「成功するスイングトレード基本編」「成功するスイングトレード実戦編」に対しての著作権侵害を行なった者は5年以下の懲役または500万円以下の罰金に処せられ、かかる侵害行為が法人等の従業員により、当該法人等の業務に関し行なわれていた場合には、当該法人等に1億5千万円以下の罰金が科せられます。(著作権法119条)

※当ホームページ及び「成功するスイングトレード基本編」「成功するスイングトレード実戦編」に関しては行政書士横山直和事務所、及びゼネラルプロパテント知財事務所が関与しています。当ホームページ及び「成功するスイングトレード基本編」「成功するスイングトレード実戦編」に関する著作権はファーストアドバンテージ有限会社に帰属しています。当ホームページ及び「成功するスイングトレード基本編」「成功するスイングトレード実戦編」の文章や写真、ノウハウの一部転載、転用、公開、販売及び転売(オークション出品を含む)を発見した場合、著作権侵害による告訴手続き及び損害賠償等の措置を取らせて頂きます。