個人投資家初心者・中級者が
株式投資や先物取引で成功するために

〜努力する真面目な個人投資家には相場で儲ける権利がある。〜

※日本株短期売買研究会の公式サイトはこちら→株式投資初心者、中級者が短期売買を成功させる秘訣とは?

株式投資成功のために/先輩投資家の株式投資失敗談
(※日本株短期売買研究会では、株式投資教材をお申し込み頂いた方の「株式投資失敗談」を公開しています。
先輩投資家の株式投資失敗から学び自らの投資に活かしましょう。)



これは以前に先物取引きで失敗した経験です。
5年程前にコーヒーの先物取引をやるようにすすめられ、1口20万円と安かったこともあって何も勉強せずにやりはじめました。G社という所を通じてトレードするのですが、そこのシステムはアドバイザーという人がいて彼のすすめに従っていれば大丈夫という話だったので私は何も考えずに言われるままにお金を振り込んでいました。最初は5万円程勝たせてくれまして「これは楽勝だ」と思いました。

しかし、次のトレードでは思惑と逆の方向に値が動き「追加保証委託金」を出すようにという連絡が入り、また、口数も増やすように言われ、結局トータルで130万程のお金を振り込まされ、身動きができない状態になりました。結局2度目のトレードは80万円程の損失を出し、やめました。

 私がここで学んだことはG社の目的は手数料(12,000円)をなるべく多く取ることであり、お客を勝たせることではないということ、また追加保証委託金というものがどれ程恐いものであるか身をもって体験しました。これは株式でも信用取引にはこれがあるので、そちらの基礎コースでも説明を入れたほうがいいと思います。信用取引はかなりトレードに慣れや経験を多く積んでからやるべきだと思います。

後で調べてわかったことですが、先物取引で大損している人はたくさんいる様です。億単位の損失を出し、自殺しそうになった人や自分の土地、建物を売って損金を返した人の話も聞いています。かなりの大金持ちが先物取引のカモになっているようです。先物取引でもうかった人の話はほとんど聞いたことがないです。

私は今回もう1度「」にチャレンジして前回の失敗のリベンジを果たしたいと思っています。

神奈川県相模原市 SASさん

※当会に寄せられているお手紙やメールの現物写真や原文をまとめて掲載している株式投資教材の感想掲載サイトはこちらです。


株式投資初心者、中級者のための日本株短期売買研究会が提供する『成功するスイングトレード』は文化庁登録著作物です。
(登録 第31059号/第31060号)
<注意>
※当ホームページ及び「成功するスイングトレード基本編」「成功するスイングトレード実戦編」の著作権はファーストアドバンテージ有限会社に帰属しています。(文化庁登録済み/文化庁登録番号 第31059号の1/文化庁登録番号 第31060号の1/その他公的第三者機関による存在証明証書有り)そのため当ホームページ及び「成功するスイングトレード基本編」「成功するスイングトレード実戦編」に対しての著作権侵害を行なった者は5年以下の懲役または500万円以下の罰金に処せられ、かかる侵害行為が法人等の従業員により、当該法人等の業務に関し行なわれていた場合には、当該法人等に1億5千万円以下の罰金が科せられます。(著作権法119条)

※当ホームページ及び「成功するスイングトレード基本編」「成功するスイングトレード実戦編」に関しては行政書士横山直和事務所、及びゼネラルプロパテント知財事務所が関与しています。当ホームページ及び「成功するスイングトレード基本編」「成功するスイングトレード実戦編」に関する著作権はファーストアドバンテージ有限会社に帰属しています。当ホームページ及び「成功するスイングトレード基本編」「成功するスイングトレード実戦編」の文章や写真、ノウハウの一部転載、転用、公開、販売及び転売(オークション出品を含む)を発見した場合、著作権侵害による告訴手続き及び損害賠償等の措置を取らせて頂きます。