個人投資家初心者・中級者が
株式投資や先物取引で成功するために

〜努力する真面目な個人投資家には相場で儲ける権利がある。〜

※日本株短期売買研究会の公式サイトはこちら→株式投資初心者、中級者が短期売買を成功させる秘訣とは?

株式投資成功のために/先輩投資家の株式投資失敗談
(※日本株短期売買研究会では、株式投資教材をお申し込み頂いた方の「株式投資失敗談」を公開しています。
先輩投資家の株式投資失敗から学び自らの投資に活かしましょう。)



勤め先の会社の持株会に加入して以来株式に係わって30年になります。はじめの22年は年間5,6回前後の売買でうまく行ったり失敗したりでしたが住宅資金の一部くらいの利益を出しました、株式投資手法の勉強などほとんどせず、銘柄選定は四季報を見て、来期、再来期の好業績予想が未だ株価に反映されていないのではないかと思えたもの、あるいはPERが不当に?低いものを買うという単純なものでした。予想に反して株価が下がり続けた場合にはナンピン買いを何度かいれて塩漬けにしておくと1年も経てば値が戻って結局は利益が出るという経験を1990年のバブル崩壊後さえも含めて何度かしました。要するにナンピンを悪とは思わず、当たり前の手法であるという考え方が身についていたのです。

1996年から1998年末までの約3年間は海外勤務でしたのでからは遠ざかっていました。
1999年初から1998年10月下落の回復を狙って海外勤務手当てなどで得た資金を元にしてかなりの金額を使って本格参戦しました。手法は従来と変わらずでしたが1999年前半の上昇にうまく乗って40% くらいの利益を得ました。同年8月から9月にかけてまたあらたに7,8銘柄買い込みましたが、いずれもIT銘柄ではなくて、ITバブルの圏外で値下がりはじめました。いつものとおりナンピン下がりをやりました。それでも2000年の前半頃には値が戻ってやれやれ売りで損失を免れた銘柄が4,5件ありましたので、下がり続ける銘柄は相変わらずナンピン買い下がりを続けました。

その中にマイカルがありました。1999年8月700円台から始まって、経営不安情報に気が付かず、結局2000年8月300円台まで14,000株もナンピン買い下がりました。2001年3月になって経営不安が表面化しましたが、あまりの金額でしたから、まさかこんな大企業が潰れる事はあるまいという勝手な期待で損切り処分に踏み切れませんでした。同年8月にやっと半分を90円台で処分はしたものの、半分は未練で残し結局破綻決定した9月18日に2円で処分。合計で500万円以上の損失。
さすがにマイカルで懲りて買い下がり続けることは止めましたが、その前にナンピン買い下がりしてしまって現評価損50%、60%という状況の銘柄を未だに塩漬けで抱え込んでいます。結局1999年前半の利益は全部消えて現状はマイナスです。

東京都目黒区 GOUGO13さん

※当会に寄せられているお手紙やメールの現物写真や原文をまとめて掲載している株式投資教材の感想掲載サイトはこちらです。


株式投資初心者、中級者のための日本株短期売買研究会が提供する『成功するスイングトレード』は文化庁登録著作物です。
(登録 第31059号/第31060号)
<注意>
※当ホームページ及び「成功するスイングトレード基本編」「成功するスイングトレード実戦編」の著作権はファーストアドバンテージ有限会社に帰属しています。(文化庁登録済み/文化庁登録番号 第31059号の1/文化庁登録番号 第31060号の1/その他公的第三者機関による存在証明証書有り)そのため当ホームページ及び「成功するスイングトレード基本編」「成功するスイングトレード実戦編」に対しての著作権侵害を行なった者は5年以下の懲役または500万円以下の罰金に処せられ、かかる侵害行為が法人等の従業員により、当該法人等の業務に関し行なわれていた場合には、当該法人等に1億5千万円以下の罰金が科せられます。(著作権法119条)

※当ホームページ及び「成功するスイングトレード基本編」「成功するスイングトレード実戦編」に関しては行政書士横山直和事務所、及びゼネラルプロパテント知財事務所が関与しています。当ホームページ及び「成功するスイングトレード基本編」「成功するスイングトレード実戦編」に関する著作権はファーストアドバンテージ有限会社に帰属しています。当ホームページ及び「成功するスイングトレード基本編」「成功するスイングトレード実戦編」の文章や写真、ノウハウの一部転載、転用、公開、販売及び転売(オークション出品を含む)を発見した場合、著作権侵害による告訴手続き及び損害賠償等の措置を取らせて頂きます。