個人投資家初心者・中級者が
株式投資や先物取引で成功するために

〜努力する真面目な個人投資家には相場で儲ける権利がある。〜

※日本株短期売買研究会の公式サイトはこちら→株式投資初心者、中級者が短期売買を成功させる秘訣とは?

株式投資成功のために/先輩投資家の株式投資失敗談
(※日本株短期売買研究会では、株式投資教材をお申し込み頂いた方の「株式投資失敗談」を公開しています。
先輩投資家の株式投資失敗から学び自らの投資に活かしましょう。)



@ 2年前に定年を迎え、勤めていた会社の株を買いました。
1年後に1/4になってしまいました。(についてほとんど無知)
A 株トレードを始めようと準備を始め、大手証券会社に口座を持ち、やっと準備が出来て、知名度の高い会社20社に分散投資をしてみました。02年の夏頃で今から見れば最も高い所を買ってしまいました。結果は1勝19敗でした。

B 今の日本株は長期投資ではほとんど値上がりする事は無いと知り短期トレードに切りかえました。±10%を目標にしましたが、勝率5割で、手数料往復2%では又マイナスです。昨年夏からは上昇トレンドでしたので+で切ったのを△で切ったのも、ほとんどが50% 近く値上がりしていました。中には持っていたら10倍になった株を10%で売ってしまい、あとはPERから恐くて買えませんでした。株で損をする人は高値おぼえで買い、安値おぼえで売る人と書かれている本を読みました。そんなばかな事をするはずがないと思っていましたが、実際やってみると、安心感で高値を買い、恐怖感で安値で売るという結果になっていました。何かしっかりとした理論がほしい。今まで読んだ本では、確固たる「感情を押えて理論で勝負する」と云うものがほしいと思っていた所、「成功するスイングトレード」を見ました。

C もう株から撤退するしかないと思っていた所、酒井先生の「成功するスイングトレード」を見、藁をもつかむ気持で購入しましたが、その内容のすばらしさに唖然としました。「目からうろこが落ちる」との評は既に有りましたが、私の場合は「頭をガンガン殴られる」と云う感じでした。先生の云われる通り、コレまでのセミナーや本では、売りポイント、買いポイント等が書かれていますが、儲けるためのマネジメントまで一貫して書かれた物に初めて出会いました。又、具体的な例が図解されており非常に解りやすくなっています。トレードの手法も一つではなく何通りも紹介されており、これらをマスター出来れば、これまでの様に暗中模索の無駄な努力が省けます。

D すぐ実行出来る様にカブドットコムの口座を作ろうとしましたが、UFJ銀行のインターネット申し込みが来ず、結局支店へ出掛けて作りました。(急がば廻れでした)
時々めげそうになった時、メールが入るのは有難たいです。今後も宜しく。


宮城県柴田郡 haihaiさん

※当会に寄せられているお手紙やメールの現物写真や原文をまとめて掲載している株式投資教材の感想掲載サイトはこちらです。


株式投資初心者、中級者のための日本株短期売買研究会が提供する『成功するスイングトレード』は文化庁登録著作物です。
(登録 第31059号/第31060号)
<注意>
※当ホームページ及び「成功するスイングトレード基本編」「成功するスイングトレード実戦編」の著作権はファーストアドバンテージ有限会社に帰属しています。(文化庁登録済み/文化庁登録番号 第31059号の1/文化庁登録番号 第31060号の1/その他公的第三者機関による存在証明証書有り)そのため当ホームページ及び「成功するスイングトレード基本編」「成功するスイングトレード実戦編」に対しての著作権侵害を行なった者は5年以下の懲役または500万円以下の罰金に処せられ、かかる侵害行為が法人等の従業員により、当該法人等の業務に関し行なわれていた場合には、当該法人等に1億5千万円以下の罰金が科せられます。(著作権法119条)

※当ホームページ及び「成功するスイングトレード基本編」「成功するスイングトレード実戦編」に関しては行政書士横山直和事務所、及びゼネラルプロパテント知財事務所が関与しています。当ホームページ及び「成功するスイングトレード基本編」「成功するスイングトレード実戦編」に関する著作権はファーストアドバンテージ有限会社に帰属しています。当ホームページ及び「成功するスイングトレード基本編」「成功するスイングトレード実戦編」の文章や写真、ノウハウの一部転載、転用、公開、販売及び転売(オークション出品を含む)を発見した場合、著作権侵害による告訴手続き及び損害賠償等の措置を取らせて頂きます。