個人投資家初心者・中級者が
株式投資や先物取引で成功するために

〜努力する真面目な個人投資家には相場で儲ける権利がある。〜

※日本株短期売買研究会の公式サイトはこちら→株式投資初心者、中級者が短期売買を成功させる秘訣とは?

株式投資成功のために/先輩投資家の株式投資失敗談
(※日本株短期売買研究会では、株式投資教材をお申し込み頂いた方の「株式投資失敗談」を公開しています。
先輩投資家の株式投資失敗から学び自らの投資に活かしましょう。)



株取引をしたのは1986年頃、日経平均が急上昇した頃です。何を買っても儲かるような時代だったとおもいます。そのためたいした知識がなくとも「なんとなく上がりそう」
というだけで少しですが儲けたことがありました。1990年頃に株価が急落してからは株式には興味がなくなってしまいました。

再び株取引を始めたのは1999年に再び株価がおおきく上昇した時です。相変わらず知識が
ないまま「取引高が多そう」とか「皆が買っているから」というお粗末な理由で買い注文
をだしていました。結果は当然のことながら利益より損失のほうが多かったです。損失は
たいした金額ではなかったのですが、大きく儲けることができないので、自分の才能のなさに証券マンに任せきりにしてしまいました。(今思うとぞっとします!)最初は短期間で
かなり利益を出してもらったので、すっかり信用してしまいました。今思うとこれが証券
マンの手なのですよね。最初は儲けさせて安心させて、最後には1000株主のゴミ投資家にはツケがまわってくるのです。しばらくすると値上がりするような株には−切手を出さなくなり、素人の私が考えても手仕舞いしたほうがいいような株を最高値で買っていました。2000年の終わり頃です。文句をいっても後の祭りです。なにしろ私はその人に取引をまかせてしまったのですから。そして数カ月後にはこの証券マンは勤めていた証券会社をやめてしまいました。私に残されたのは塩漬けの複数の株でした。

あれから4年経ち、塩漬け株をなんとか自分で処理をしようとおもっていたところに、イ
ンターネットで日本株短期売買研究会を知りました。早速「成功するスイングトレード」
基本編を取り寄せ、あまりの自分の知識のなさに驚くばかりでした。基本編のチャートを
参考に4年間売るに売れなかったある銘柄の株を値が上がってきたところで400株を売り
抜けました。利益は15万円ほどでしたが、うれしい結果となりました。
まだ乗り換えたい株がいくつかあります。これからもすこしずつ知識を広げながら損失を
取り戻したいとおもいます。

東京都足立区 ブライアンさん

※当会に寄せられているお手紙やメールの現物写真や原文をまとめて掲載している株式投資教材の感想掲載サイトはこちらです。


株式投資初心者、中級者のための日本株短期売買研究会が提供する『成功するスイングトレード』は文化庁登録著作物です。
(登録 第31059号/第31060号)