個人投資家初心者・中級者が
株式投資や先物取引で成功するために

〜努力する真面目な個人投資家には相場で儲ける権利がある。〜

※日本株短期売買研究会の公式サイトはこちら→株式投資初心者、中級者が短期売買を成功させる秘訣とは?

株式投資成功のために/先輩投資家の株式投資失敗談
(※日本株短期売買研究会では、株式投資教材をお申し込み頂いた方の「株式投資失敗談」を公開しています。
先輩投資家の株式投資失敗から学び自らの投資に活かしましょう。)



いままで数十回のトレードを行ってきて、最も人に話したくない、大きな損失を出して
しまった恥ずかしいトレードを紹介したいと思います。「成功するスイングトレード基本
編・実戦編」を読んだ今となっては二度とありえない失敗ではあるのですが・・・。
 当時、株式投資を始めて2ケ月程度で、半年前から数冊程度の株式の書籍を読んだり、
セミナーに行ったりして、自分なりに勉強したつもりでいました。日経平均は2004年2月
から強い上昇相場で、数回行ったトレードもそこそこ成功し、自信もついてきました。
 そこで、購入した銘柄はリョービ(5851/東1)。買いを入れた理由は、
・業績予測が良好であったこと
・出来高を伴って直近の高値485円を更新したこと
日経平均株価が強気相場で2年前の12000円をわずかに超えたこと
等で、4月13日夜に成行で買い注文を入れました。ロスカットポイントは直近の安値の440
円で、すべて書籍やセミナーで教わった事を参考に自分なりに判断してトレードを行いま
した。
 しかし翌日成行で入れた注文がギャップアップして520円で約定してしまい、26円下げ
た大陰線で引けてしまいました。その時点ですぐにロスカットしておけば良かったのです
が、くやしさからか感情的な考えが頭をめぐって適切な判断ができなくなっており、次第

・値が戻ったら売ろう
・業績が良いのだから長期的に見れば問題ない
・週足で見れば上昇している
・いつかは債が戻るだろう
 などと思うようになっていました。結局、最初に設定したロスカットも無視して、しびれをきらして売ったのは約1ケ月後の380円付近でした。約26%の損失です。高値から安値の波を逆にトレードした形になってしまいました。大失敗です・‥。
 このような失敗をしてしまいましたが、このトレードを期に私は本気で株式投資にとり
くむ決意をしました。そして今まで試行錯誤を繰り返しているうちに出会ったのが「成功
するスイングトレード基本編・実戦編」です。このトレードシステムが自分にあったもの
かどうか、資産を築くことができるかどうか、これから試してみたいと思います。もし、
夢が実現できたときには、改めて御礼申し上げたいと思います。

東京都狛江市 hideさん

※当会に寄せられているお手紙やメールの現物写真や原文をまとめて掲載している株式投資教材の感想掲載サイトはこちらです。


株式投資初心者、中級者のための日本株短期売買研究会が提供する『成功するスイングトレード』は文化庁登録著作物です。
(登録 第31059号/第31060号)