個人投資家初心者・中級者が
株式投資や先物取引で成功するために

〜努力する真面目な個人投資家には相場で儲ける権利がある。〜

※日本株短期売買研究会の公式サイトはこちら→株式投資初心者、中級者が短期売買を成功させる秘訣とは?

株式投資成功のために/先輩投資家の株式投資失敗談
(※日本株短期売買研究会では、株式投資教材をお申し込み頂いた方の「株式投資失敗談」を公開しています。
先輩投資家の株式投資失敗から学び自らの投資に活かしましょう。)



本屋のビジネス書籍コーナーに、デイトレード、短期売買、自動売買、個人投資家、といった言葉がやたらと目こついて、そう言えば、塩漬けした株が少しあったなあ、と思いながら手に取り、その中から「素人でも儲かっています…」といった類の本を一冊買い、それがきっかけで再度挑戦することにしました。

その後も何冊か株関連の書籍を読み漁り、とりあえず、塩漬けした株を全て処分し、また、
資金も少し増やして今年の5月頃からデイトレードを行うようになりました。
とは言え、面倒なテクニカル分析等は一切行わず、素人でも儲けたという方法を参考にし、
銘柄選択は特に上昇の勢いの強いもの、つまり前日およびザラ場の上昇率ランキング、出
来高増加率ランキング、新高値更新、の銘柄でかつ株価500円以下のものをピックアップ
し、主に板情報を元に売買を行いました。最初は慣れる意味もあり、できるだけ小額での
売買を行い損失は覚悟していました。勝ったり負けたりと特に大きな損失が出たわけでは
ありませんが徐々に資金が目減りし、1ケ月過ぎた頃には20万円の損失となっていました。

このくらいの損失は覚悟もしてましたし、ある程度慣れもしたし、また、大きく儲けるた
めには投資金額を増やすべきだと思い、6月初めに信用口座を設け、また現物株購入資金も
少し増やしました。少しずつですが、銘柄によっては購入株数も増やし、勝った時の利幅
が大きくなるようにしました。(当然、リスクも大きくなるのですが)

6月に入ってからは徐々に勝率がよくなり、6月20日頃には30万円の利益となっていまし
た。つまり、正味15日間のトレードで50万円の利益を上げたことになります。「1日3万
円儲ける.‥.」といった本もありますが、この頃は、1日3万円儲けるのは簡単なことだと有頂天になっていました。そして、いつも通りに板情報を見ると、通常はせいぜい2万株、3万株といった板状況のところに20万株といったぶ厚い売り板あり、ここで絶対跳ね返されると踏んで、その直前で売りを仕掛けました。売り値までもみあいながら上昇し約定した次の瞬間その20万株の売り板が消えていました。一瞬何が起こったのか理解できませんでした。なんで?と思っている間に次々に売りが食われていきます。ヤバイと思って買い戻しの注文を出そうと慌ててる間にもさらに上昇しあっという間に10ディック上昇し勢いはさらに止まりそうにありません。いくらの損だ?と頭の中を駆け巡ると同時に手が止まってしまいました。後は呆然と見てるだけでした。

もう1つの大失敗は、買いでのロスカットを逆指値で指定していたにも関わらず、直前に
取り消しを行ったことです。翌日以降さらに下落し損失は拡大しました。結局、この2つ
の銘柄は1週間後に泣く泣く処分しましたが、この2つの銘柄はさらに1週間後には値を
戻していますので、最悪の行動をとったことになります。この2つの大負けでそれまでの
利益が吹っ飛び、それ以降、上がりそうだと思っても怖くて仕掛けるタイミングを逸する
ことが多くなり、買ったら下がり、売ったら上がる、の悪循環に陥りました。

これでは駄目だと思い、さらに書籍を買い漁りましたが、どの本も一般的な説明はしであ
るものの、実際にどのように銘柄を選択し、どういうタイミングで売買するのかが具体的
に記述されているものはありませんでした。それで、たまたまネット上で「日本短期売買
研究会」なるものを知り(実際のところ半信半疑でしたが)資料の申し込みをしました。
非常に具体的に詳しく書かれているので非常に勉強になりました。特に、出来高の見方、
チャートパターン、ローソク足、EP、LP、TPのとり方、リトレイスメント、トレイリン
グ等、非常に参考になりました。

資料内容はかなりの量があるので、初心者同然の私には一度に身に付けることは不可能ですが、少なくとも、株価移動平均線、出来高、チャートパターン、ローソク足、を確認し、
リトレイスメント中心に仕掛けるようにしています。おかげさまで、買えばすぐに下がる、
売ればすぐに上がるというケースが少なくなりました。これは、銘柄選択と仕掛けのタイ
ミングが良くなったからだと思います。当然ながら、結果的にロスカットするケースもあ
りますが、少なくとも慌てる必要がなくなりました。

まだまだ安定して利益をあげるところまではいっていませんが、ジリ貧状態から脱しただ
けでも気分的には少し楽になっています。もうしばらくは、リトレイスメントの実戦と反
省が続くと思いますが、しっかりと身に付けて行きたいと思います。

ただ、銘柄の抽出方法については試行中で確信が持てませんし、地合が悪いときにどうす
るか、あるいは取引をしないのか、といった判断にも迷います。さらに、つい勢いで仕掛
けてしまったり、我慢できずに早めに手仕舞ったりすることがありますので、そういった
精神面のコントロールも課題です。
また、トレイリングも銘柄によっては簡単に引っ掛かってしまうケースが何度かありまし
たので、その辺も一考の余地があるのかも知れません。

以上ですが、ありがとうございました。

東京都調布市 トラタヌさん

※当会に寄せられているお手紙やメールの現物写真や原文をまとめて掲載している株式投資教材の感想掲載サイトはこちらです。


株式投資初心者、中級者のための日本株短期売買研究会が提供する『成功するスイングトレード』は文化庁登録著作物です。
(登録 第31059号/第31060号)