個人投資家初心者・中級者が
株式投資や先物取引で成功するために

〜努力する真面目な個人投資家には相場で儲ける権利がある。〜

※日本株短期売買研究会の公式サイトはこちら→株式投資初心者、中級者が短期売買を成功させる秘訣とは?

株式投資成功のために/先輩投資家の株式投資失敗談
(※日本株短期売買研究会では、株式投資教材をお申し込み頂いた方の「株式投資失敗談」を公開しています。
先輩投資家の株式投資失敗から学び自らの投資に活かしましょう。)


私はまだ、投資を始めて3ヶ月の初心者なので、たいした経験もありませんが、その間の失敗実話とこの教材の感想を書かせてもらおうと思います。

私はまず、50万円というお金が出来たので、自己実現したい目標が高いということもあって、株の投資をしてみようと決めました。
私が最初にとった行動は、その時に一番私の耳に入って来た会社(テレビなどで)ライブドアの株を900株買ったことです。その時の株に対する知識は0に等しく、ただ分かっていることは、株というものは上がることもあれば下がることもある、ということぐらいでした。ライブドアのを買ったことは、今考えると、かなり軽率な行為でした。チャートを少しでも読める人がいると、絶対に買わないだろうと思われる下降トレンドのまっ最中だったのです。いつかは上がるだろうという私の期待も、打ちくだかれ、いきなり損切りを経験しました。しかし、その間、少しずつ勉強を始めていたので、上昇トレンドということを覚え、いくつかのチャートを見て(ロウソクも見ました)またを買いました。そうすると今度は運が良く、それは上がりつづけ、元手を越えるまでいきました。調子にのった私は、また同じ方法(トレンドとロウソク)で株を買いましたが、それらは、持ち続けると下がるし、売ると上がるしで、いつしか私の資金は、50万から45万まで下がってしまったのです。
それらのミスはやはりターゲットポイントの設定の弱さと、ロスカットの考えの甘さにあったと思います。(もちろん他にもいろいろあると思いますが。)その時、私の目に飛び込んで来たのが、日本株短期売買研究会の広告だったのです。

先ず、を始めて2〜3ヶ月の時に日本株短期売買研究会さんに出会えたことは、本当にラッキーだと思います。基本編と実戦編では、売買のテクニックだけではなく、投資の心構えまで勉強できました。「これらのテクニックと知識があればもう大丈夫!」と言いたい所ですが、そううまく行かないという事は分かっています。というのは、自分自身の感情がじゃまをするかもしれないということです。恐怖と欲というものが、これからも付きまとってくるでしょう。
教えてもらった知識とテクニックをしっかり使いこなせるよう、自分自身の人間性の向上も計っていきます。
「努力家で真面目なあなたは相場で儲ける権利がある」このような温かい言葉をかけてもらい、本当に勇気が湧いてきます。本当にやさしく、分かりやすく、誠実な教材に出会えた事に、感謝感謝です。ありがとうございました。

沖縄県中城村 あーちゃんさん

※当会に寄せられているお手紙やメールの現物写真や原文をまとめて掲載している株式投資教材の感想掲載サイトはこちらです。


株式投資初心者、中級者のための日本株短期売買研究会が提供する『成功するスイングトレード』は文化庁登録著作物です。
(登録 第31059号/第31060号)
<注意>
※当ホームページ及び「成功するスイングトレード基本編」「成功するスイングトレード実戦編」の著作権はファーストアドバンテージ有限会社に帰属しています。(文化庁登録済み/文化庁登録番号 第31059号の1/文化庁登録番号 第31060号の1/その他公的第三者機関による存在証明証書有り)そのため当ホームページ及び「成功するスイングトレード基本編」「成功するスイングトレード実戦編」に対しての著作権侵害を行なった者は5年以下の懲役または500万円以下の罰金に処せられ、かかる侵害行為が法人等の従業員により、当該法人等の業務に関し行なわれていた場合には、当該法人等に1億5千万円以下の罰金が科せられます。(著作権法119条)

※当ホームページ及び「成功するスイングトレード基本編」「成功するスイングトレード実戦編」に関しては行政書士横山直和事務所、及びゼネラルプロパテント知財事務所が関与しています。当ホームページ及び「成功するスイングトレード基本編」「成功するスイングトレード実戦編」に関する著作権はファーストアドバンテージ有限会社に帰属しています。当ホームページ及び「成功するスイングトレード基本編」「成功するスイングトレード実戦編」の文章や写真、ノウハウの一部転載、転用、公開、販売及び転売(オークション出品を含む)を発見した場合、著作権侵害による告訴手続き及び損害賠償等の措置を取らせて頂きます。