個人投資家初心者・中級者が
株式投資や先物取引で成功するために

〜努力する真面目な個人投資家には相場で儲ける権利がある。〜

※日本株短期売買研究会の公式サイトはこちら→株式投資初心者、中級者が短期売買を成功させる秘訣とは?

株式投資成功のために/先輩投資家の株式投資失敗談
(※日本株短期売買研究会では、株式投資教材をお申し込み頂いた方の「株式投資失敗談」を公開しています。
先輩投資家の株式投資失敗から学び自らの投資に活かしましょう。)



株式投資の初心者です。
10月に入り、オンライン株取引に興味を持ち、口座開設後、2〜3冊の入門書を読んだだけで、いきなり株の買い付けを行ないました。
5月頃から日経平均株価は上昇中であったことから、今後も延長線に乗って株価は上昇す
るものと、浅はかな期待をしていいました。そして・・・
<1.ソフトバンクについて>
10月17日(木)になんと「ソフトバンク」を前日の終値、7,030円に対して、無知、無謀にも7,250円(逆指値成行)で初めて、100株購入しました。
ところが、10月21日(火)にはあっという間に急落してしまいました。
幸いにもストップロスを入れる必要性については本で知っており、6800円(成行)で入れておきましたが、6,760円で売り約定となり、いきなり少なからぬ損失を被ってしまいました。
まさか、10月21日(火)以降12月19日(金)まで、ここまで下がるとは。
また、その前日が、本年の日経平均の最高値であったとは・・・

当時、全くの無知であったとはいえ、今では、このような高い時に絶対買いません。
また買い指値も綿密に設定します。

<2.日本電波工業について>
直近の高値のブレイクアウトを狙うという方法は直前に読んだ本により知っていた。
9月13日に直近の高値として、2,030円をつけており、10月17日(木)の高値は、同じく2,030円であった。
明日、ブレイクアウトする可能性があると考え、2,100円(成行)を入れておいたところ、100株を2,140円で約定し、なんとストップ高の2,420円で引けた。(上昇率ランキング10位)
当時はストップ高になることを珍しく思わず、その後ストップロス値を少し上げたものの、
漫然と株を持ち続けた結果、2130円で売約定となり、結果的に僅かな揖となった。
当時は、ストップ高を単なる1日だけの出来事と思い、大した成功とは思っていなかった。

今では一日で急激な上昇があった場合は、翌日以降は即売りの体制に入ります。

<3.逆指値(成行)注文による高値掴みについて>
安川電機を10月21日(火)に780円で1、000株買約定したが高値掴みとなり、陰線を形成して下落した。
買った当日から、損をかかえることになり、その後の下落により700円でストップロスし、
少なからぬ損失を被った。
成行による逆指値注文はリスクが高いという疑問を持つようになった。
また、ストップロスの設定幅は綿密な設定が必要であると痛感した。

この例はリスク、 べニフィット、戦略等について何ら考察のないまま 単なる思い付きで買付けた悪例である。

<4.その他の失敗例について>
4−1.富士通:逆指値成行による高値掴みと、その後の下落。
4−2.三菱自動車:10月30日に240円が底値と確信し242円で待ち伏せ、買い約定し
たが、その後、あっさり下落し、238円でストップロスした。
   ものの本を参考にしただけあって、損害は少なかった。
4−3.日本カーバイド:ブレイクアウトせず。
4−4.楽天:ものの本を読み、±指値とW指値による自動デイトレードにより、会社に
   出勤中の−日のうちに買いと売りを自動的に完結し、収益を得ることを思いつき、
   実践してみたものの、注文設定方法を間違え、惜しくもチャンスを逃した。
   10月24日(金)に急激な下落から、急上昇に転じており、月曜日は寄り付きを自
   動購入し、寄付値から3万円上昇すれば売り、1万円下落しても売。と設定した
   はずであったが、1万円下落時の設定が逆指値ではなく、指値に設定してしまっ
   ており、買約定後にあっという間に売約定となっていた。

成行き注文と指値注文の約定のされかたの違いを十分理解してない、初歩的ミスであった。

4−5.岡三ホールディングス:論外である。

以上、僅か2週間のトレードによる損失がサラリーマンの月給近くに及ぶに至り、少なか
らぬショックを受けた。また、トレードの基礎知識の不足を痛感し、考え方にも根本的な
誤りがあるような気がしたので、トレードを休止した。
種々、情報収集に努めた結果、貴会のホームページを見つけ、読み進めるうちに、貴会の
テキストを購入することを決意した。

匿名初心者さん

※当会に寄せられているお手紙やメールの現物写真や原文をまとめて掲載している株式投資教材の感想掲載サイトはこちらです。


株式投資初心者、中級者のための日本株短期売買研究会が提供する『成功するスイングトレード』は文化庁登録著作物です。
(登録 第31059号/第31060号)