個人投資家初心者・中級者が
株式投資や先物取引で成功するために

〜努力する真面目な個人投資家には相場で儲ける権利がある。〜

※日本株短期売買研究会の公式サイトはこちら→株式投資初心者、中級者が短期売買を成功させる秘訣とは?

株式投資成功のために/先輩投資家の株式投資失敗談
(※日本株短期売買研究会では、株式投資教材をお申し込み頂いた方の「株式投資失敗談」を公開しています。
先輩投資家の株式投資失敗から学び自らの投資に活かしましょう。)



私は3年前に自宅にパソコンを買って、インターネットができる環境ができましたので、その機会に初めてネットトレーディングをはじめました。それまでに株取引の経験は−切ありませんでした。パソコンの情報誌に、インターネットを通じた株取引の記事があり、営業マンの勧誘がうるさいという印象を持っていた証券会社ともネットを通じてドライに取引ができるとか、メールマガジンやフリーソフトも豊富にあり、情報の入手には苦労しないとか、良いこと尽くめで書いてありました。

 低金利時代で一向に利息が増えない銀行預金に飽きたらず、手元の預金のうち200万円を投資資金と決めてネットトレーディングをはじめました。最初は2冊ほど株取引の本を買ってきて基本的な学習をしました。ケイ線の形や移動平均線のこと、チャートの読み方、株取引の心得など、−通りのことは読んだように思いますが、今ではほとんど記憶に残っていません。

 いつ買うか、いつ売るかはチャートを見ていて自分の感覚で「えいやっ!」とやっていることが多かったです。いくつかのメーリングリストに登録し、推奨される銘柄を見たり、yahooファイナンスの掲示板を見たりして、他の人たちがどう考えているのかを判断の材料にすることが多かったです。買うのは非常に簡単ですが、売る時期を決めるのが大変難しいことをこの3年間で痛感しました。

下がり始めても「いや、そのうちに戻ってくるはずだ」とたいした根拠もないままに、半分以上期待だけで撤退するタイミングを逃し、売るに売れないところまで下がってしまい、塩漬けが長く続いた事がありました。それほどの思い入れもない銘柄なのに、取得単価を下げるためにナンピン買いをすることもあり、挙句の果てに我慢しきれずに損切りし、投資資金を三分の一にまで減らしてしまいました。 そんな状態のときにひょんなきっかけで貴研究会のことをホームページで知り、2ケ月あまり考えましたが、思い切ってこの「成功するスイングトレード基本編・実践編」のモニターに申し込みました。

送られてきたテキストは私にはちょっと難しい内容もありますが、必死になって勉強を始めています。このテキストは書店で売っているものと違い、実践で役に立つノウハウの塊のようです。いいテキストにめぐり合えたと感謝しております。何事にも成功するには努力が必要。そして、人の意見に左右されず、自分なりに納得して売買ができるようがんばりたいと患います。そして必ずや財を築き上げたいと思います。

滋賀県大津市 どすこいさん

※当会に寄せられているお手紙やメールの現物写真や原文をまとめて掲載している株式投資教材の感想掲載サイトはこちらです。


株式投資初心者、中級者のための日本株短期売買研究会が提供する『成功するスイングトレード』は文化庁登録著作物です。
(登録 第31059号/第31060号)