個人投資家初心者・中級者が
株式投資や先物取引で成功するために

〜努力する真面目な個人投資家には相場で儲ける権利がある。〜

※日本株短期売買研究会の公式サイトはこちら→株式投資初心者、中級者が短期売買を成功させる秘訣とは?

株式投資成功のために/先輩投資家の株式投資失敗談
(※日本株短期売買研究会では、株式投資教材をお申し込み頂いた方の「株式投資失敗談」を公開しています。
先輩投資家の株式投資失敗から学び自らの投資に活かしましょう。)



前略
1989年頃のバブルの頂点の時にを始めました。最初は証券会社の人の勧めでドコモの株をその当時の最高額で買わされました。「この会社は将来性のある有望企業だからしばらく持っていても安心だから野村證券が推薦します」と言うことで購入したのですが、買ってから上がることは無く、だんだん下落していきました。

現在も最初の価格の4分の1になったまま放置しております。その後2000年頃にまた、始めましたが又下落し、塩漬け状態で放置し株価は当初の3分の1まで落ち込んでおります。この時は以前と比べて少しあちこちのホームページや株関係のメール、酒井さんご指摘の「株で1億円作る!」、「株で確実に2倍儲ける法」・・・等々片端から読んで実践し失敗しました。自分の頭の中では理解したつもりでトライしたのですが最初の間は少し勝ったのですが皆さんの失敗例と同じで勝ったときは少額で負けたといは多額になり、ロスカットし、また買ってはロスカットの繰り返しで気が付いたら当初1000万円で始めた金額が500万円を割り込んでいました。

それを取り返そうとしてぼろ株にトライし、今は下落しているが毎年年に1回ぐらいは反発していたし、1年前のこの時期には反発してかなり上がったのをチャートで判断し下がったら買い、の繰り返しで買い溜めして反発に期待していたのですが、その会社は倒産してしまいました。紙切れになった株券証券会社から届きました。それ以来その時保有していた他の株も下落したまま塩漬けのままです。去年に株の特定口座のことから株の価値の低さにまた、何とかしなくてはと思って、以前から来るメールの有料情報に目が行き購入しました。5月7日からの下落が始まっていたのに5月10日に届いた有料情報のを買ったとたんに見る見る急落し、ただ茫然と見ているだけで何も判断が付かずにいました。私は自分のことだけを見て世間、世界を見ていなかったこと、他人の勧めるままに買ったことに改めて理解し反省しました。

これではいけない何とかしなくてはとネットで何か良いヒントはないかと、以前に見ていたお気楽のホームページを閲覧していた時に日本株短期売買研究会に目が留まりホームページを閲覧し「はっと」しました。ここに書かれている失敗例はまさに私のことを書かれている気がしました。そして「やっと自分の欲しかったものを見つけた」と思ってセットで購入しました。私は今までその株もチャートの移動平均線やローソク足ばかり気にし、今、世界、世間で何が起こっているかを気にしてない、世間に疎い人間だったと反省しております。酒井さんのご指摘のとおりです。普段は少しの勝ち、世界の大局には大損をし、急落時も「またそのうち上がる」と思い込みロスカットがすばやく出来ず、ただ茫然と急落するままにしていた自分を反省しつつ一から出直すつもりで勉強しています。今後、株の売買が成功したら、又連絡したいと思っています。

テクニカル分析もファンダメンタル分析もこんな風に私は理解できていなかったので、基本編も実戦編も全て私には役に立っております。また最後まで読んでおりませんが、繰り返し読みながら進んでおりますので少し遅くなっていますが頑張ります。ありがとうございました。


兵庫県尼崎市 HAKOさん

※当会に寄せられているお手紙やメールの現物写真や原文をまとめて掲載している株式投資教材の感想掲載サイトはこちらです。


株式投資初心者、中級者のための日本株短期売買研究会が提供する『成功するスイングトレード』は文化庁登録著作物です。
(登録 第31059号/第31060号)