個人投資家初心者・中級者が
株式投資や先物取引で成功するために

〜努力する真面目な個人投資家には相場で儲ける権利がある。〜

※日本株短期売買研究会の公式サイトはこちら→株式投資初心者、中級者が短期売買を成功させる秘訣とは?

株式投資成功のために/先輩投資家の株式投資失敗談
(※日本株短期売買研究会では、株式投資教材をお申し込み頂いた方の「株式投資失敗談」を公開しています。
先輩投資家の株式投資失敗から学び自らの投資に活かしましょう。)


私はトレードの経験が少ないのですが、今まで、私が行った売買を記載したいと思います。
1996年5月頃 北海道電力 2520円2000株購入現在塩漬け状態
1996年5月頃 北海道拓殖銀行を  287円で1000株購入破綻するまでそのまま持っていました。

 その後証券会社がないような地方に勤務することになり(現在でもそうですが)日経新聞を読んでいるだけで、そのうちこれはと思うような時があるのではないかと漠然と考えておりました。
2000年に株で毎日が給料日という本を読みデイトレードという言葉を初めて知りネットでの株の取引に興味を持ちました。

 ネット証券に口座を開いたのは、2004年の4月になってから、
2004年4月16日 ヨコオ 1740円500株購入
2004年4月30日   1737円で売却

 本の付録に付いていた、億の近道というソフトを利用して買いの判断をしたものの素人目に見てもチャートの形がおかしいと思い売りました。
2004年5月25日 日興証券を570円2000株購入
2005年1月13日      520円で売却

 買いの判断をしたのは、値動きを何年も注目していたのでこの水準で買ってもそうは値下がりしないだろうと思い買いましたが(チャートも見ずに)、その後すぐ値下がりをはじめ一時450円を割るところまでいきましたがその後反転したので、そのまま持っていました。

 売るまでの間それなりにチャートの見方を勉強したつもりだったので、トレンドラインを割ったので1月13日売却し損を確定しました。

 それなりに本に書いてあるとおり、自分の判断の誤りを認め、損切りを実行するのは難しいことだと感じました。

 株式の本は、5冊から6冊ほど読みましたが、銘柄選択の基準、マネーマネージメント、トレードリスクの取り方、ポジションサイズ、RR比率等について具体的な記載があるものにはめぐりあってはいなく、これらの知識なしに相場に取り組むのは危険なことだと感じています。
現在、含み損も含めて50万円を失っていることになります。

 今回、相場への取組方への具体的な指針のご教授をいただきましたので、まず過去の損失を早期に取り戻すことを目標に取り組みたいと思います。

 このレポートは成功するスイングトレード、基本編、実戦編をとりあえず、一回、一通り目を通した段階で書いています。今まで自分が疑問に思っていたころの回答が全て詰まっていました。このようなメソッドをモニター価格で譲っていただいたことに対するレポートとしては不足だとは思いますが、ご勘弁下さい。ありがとうございます。

深川市 富田さん

※当会に寄せられているお手紙やメールの現物写真や原文をまとめて掲載している株式投資教材の感想掲載サイトはこちらです。


株式投資初心者、中級者のための日本株短期売買研究会が提供する『成功するスイングトレード』は文化庁登録著作物です。
(登録 第31059号/第31060号)
<注意>
※当ホームページ及び「成功するスイングトレード基本編」「成功するスイングトレード実戦編」の著作権はファーストアドバンテージ有限会社に帰属しています。(文化庁登録済み/文化庁登録番号 第31059号の1/文化庁登録番号 第31060号の1/その他公的第三者機関による存在証明証書有り)そのため当ホームページ及び「成功するスイングトレード基本編」「成功するスイングトレード実戦編」に対しての著作権侵害を行なった者は5年以下の懲役または500万円以下の罰金に処せられ、かかる侵害行為が法人等の従業員により、当該法人等の業務に関し行なわれていた場合には、当該法人等に1億5千万円以下の罰金が科せられます。(著作権法119条)

※当ホームページ及び「成功するスイングトレード基本編」「成功するスイングトレード実戦編」に関しては行政書士横山直和事務所、及びゼネラルプロパテント知財事務所が関与しています。当ホームページ及び「成功するスイングトレード基本編」「成功するスイングトレード実戦編」に関する著作権はファーストアドバンテージ有限会社に帰属しています。当ホームページ及び「成功するスイングトレード基本編」「成功するスイングトレード実戦編」の文章や写真、ノウハウの一部転載、転用、公開、販売及び転売(オークション出品を含む)を発見した場合、著作権侵害による告訴手続き及び損害賠償等の措置を取らせて頂きます。