■ トップページへ戻る時はこちらから
株式投資・短期売買を成功させる日本株短期売買研究会
チャネルライン
 上昇する株価の切り上がる「安値」と「安値」を結んで引くラインを上昇トレンドラインといいます。トレンドラインの基本的な役目はトレンドの方向性を確認することですが、トレンドラインには上昇する株価の押しを支えるサポートラインとしての機能もあります。

 そのトレンドラインに平行に高値同士を結んだラインはチャネルラインと呼ばれます。
チャネルラインは上昇する株価の限界線=レジスタンスとして売り時の目安に使うことができます。
この2つのラインを利用して売り買いを繰り返す投資法がチャネルライン投資法です。
■ 実例解説



 チャネルは上図のような2本のラインから形成されます。下に位置するラインがトレンドラインです。上方に位置するラインがチャネルラインです。

 トレンドラインをサポートラインと考えて、株価がこのラインに触れた時にトレードチャンスが生まれます。
株価が反転上昇を始める地点が買いのポイントになります。
上図ではオレンジ色の矢印の地点になります。

 エントリータイミングは株価がラインに触れた後に前日または前々日の高値を上抜く時や、RSI・ストキャスティック等のオシレータが売られすぎを示した時、またはそれらのオシレータの反転を確認した時などが良いでしょう。
また逆張りに徹するトレーダーならばラインに触れた当日や翌日に注文を入れる人もいるでしょう。

 トレンドラインから反転上昇した株価のターゲットはトレンドラインと平行に走るチャネルラインになります。
このラインに株価が触れた時点で手仕舞いです。
上図では青い星印の地点になります。

 チャネルラインを利用したトレードを行う際には出来高に注目することも重要です。
上昇トレンド銘柄での理想的なの出来高の推移は
・チャネル内で上昇している時=出来高が増える。
・チャネル内で押している(下降)時=出来高が減少する。
のが理想です。

 また、株価がトレンドラインに接触した後に、反転することなくトレンドラインを下抜くようであれば、トレンドが変わった可能性がありますので、チャンネルトレードは一旦見送ります。再度トレードを仕掛ける場合には、株価が再びトレンドライン上に戻ってきたのを確認してから行います。

 単純な手法ですが短期トレードの定石手法の一つです。


 

☆株・日経225先物デイトレードのためのデイトレード手法完全公開。その詳細はこちらへ。






上のチャートでデイトレードの正しい売買のポイント2箇所が分かりますか?
分からない方は今すぐにこちらをクリックしてください。
 ↓ ↓ ↓
27種類のデイトレード手法解説

 トップページへ


Copyright 2003 Advantage 個人投資家のための日本株短期売買研究会 Inc. All rights reserved.