■ トップページへ戻る時はこちらから
株式投資・短期売買を成功させる日本株短期売買研究会
デイトレードにおける
基本的な
エントリーポイント

 デイトレードというトレードの時間枠ではアマチュアはプロに比べて端末、通信速度、ソフトウェア、板情報において大きなハンデがあるため初心者の方にお薦めできるものではありませんが、下記では数時間〜日計りまでのデイトレードにおける基本的なエントリーポイントを図解します。
*スキャルピング(数秒から数分の時間枠でのトレード)用のエントリーポイントではありません。
■オープニングレンジのブレイクアウトとバウンスバック


 オープニングレンジのブレイクアウトとは寄付きから30分または1時間の間につけた高値を上抜いた時点でエントリーするトレードです。
オープニングレンジを30分にするか1時間にするかは個人的な判断になります。

 通常、寄付きから30分程度は値動きが荒く、方向性が定まらないので初心者の間は手出し無用の時間帯です。
寄付きからグングン値を上げる様子を見ると、ついエントリーしたくなるのですが、高値掴みをさせられる確率も高くなる時間帯です。

 寄付きから30分、1時間は日経平均の動きを調べたり、注目している銘柄の値動きを調べたり、銘柄の出来高の増加ペースを前日やここ1週間の日々の出来高と比較したりして、今日のトレード候補銘柄を絞り込む時間帯でもあります。

 上図では青いラインで描かれている部分が当日の株価の動きです。黒い矢印はその銘柄のトレンドの方向です。赤い左右向きの矢印の期間が当日のオープニングレンジです。オープニングレンジのブレイクアウトでは、この間の最高値を上抜いたのを確認した時点(左側の赤丸印)でエントリーとなります。

 また、ブレイクアウトした後に一度下押ししてブレイクアウトした地点まで一時的に値が戻る場合があります。これをバウンスバックと言います。ここはブレイクアウトで入れなかったトレーダーや、慎重なトレーダーがエントリーする二つ目のエントリーポイントになります。
(上図では右側の赤丸印)

 もちろんブレイクアウトやバウンスバックの後に毎回必ず上昇するわけではありませんが、デイトレードのエントリーポイントとしては基本中の基本となるエントリーポイントです。



☆株・日経225先物デイトレードのためのデイトレード手法完全公開。その詳細はこちらへ。



 





上のチャートでデイトレードの正しい売買のポイント2箇所が分かりますか?
分からない方は今すぐにこちらをクリックしてください。
 ↓ ↓ ↓
27種類のデイトレード手法解説

【参考になる書籍】
オズの実践トレード日誌/トニー・オズ/発行 パンローリング
 トップページへ


Copyright 2003 Advantage 個人投資家のための日本株短期売買研究会 Inc. All rights reserved.